☆Rabing handreading method(ラビング ハンドリーディング メソッド)について

☆Rabing handreading method(ラビング ハンドリーディング メソッド)について

2010年京都にて、東洋手相、西洋手相を融合した、オリジナルの手の読み方を、白川とも子さんが考案しました。
思い込みや先入観を手放して、手をありのままに受け止める「自我の放擲(ほうてき)」をモットーに軽やかに手を読んでいくメソッド。
従来の手相にこだわることなく、感性のままに、自分の波動で読む方法です。

白川とも子さんは、自由であり、自立した人々へハンドリーディングを伝えるべく、全国で講座を展開し、講師やハンドリーダーを養成していらっしゃいます。

考案者・白川とも子さんのブログ「らびの京都ミラクルワールド」は、こちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*