Warning: array_keys() expects parameter 1 to be array, object given in /home/users/2/lolipop.jp-80550c5c1f9c8378/web/wp-content/plugins/script-compressor/script-compressor.php on line 348

Warning: max() [function.max]: When only one parameter is given, it must be an array in /home/users/2/lolipop.jp-80550c5c1f9c8378/web/wp-content/plugins/script-compressor/script-compressor.php on line 348
【LOVES】楽器を奏でるということ – @associee .net

【LOVES】楽器を奏でるということ

合奏オフ会で小ホールを借りました。
合奏オフ会で小ホールを借りました。


写真に写っているチェロ弾きさんは、カルテット(弦楽四重奏)でも、私のヘボヴァイオリンにおつきあいくださっている方です。いつもありがとうございます!

ヴァイオリンを始めて○年・・・。
その割には全然巧くないですが、でもやはりヴァイオリンを演奏するのは好きです。

簡単ではないけれど、取り組み出すと、いつしか夢中になって、うんうんうなりながら、練習しています。
レッスンでも、先生から課題曲をもらって、いざ練習するとなると、ボウイング(弓遣い)を考え、フィンガリング(指遣い)を考え、この曲のどの部分が重要なのか、自分が弾きにくい箇所はどこか、つまづくところはどこか、どうしたら弾けるようになるか、など実際に弾くまでに考えないといけないことがたくさんあります。
その課題曲とは別に、自分が苦手とすること(重音=2つの音を同時に弾くこと、など他にも苦手なものはあります。)もありますので、楽譜の中でそれが出てくる箇所を見つけると、「うわー、嫌だなあ」と思います。
しかし、不思議と何回も練習していると、いつかは(かなり長期間かかることも)弾けるようになったりするもので、そんなときにはやはり嬉しいものです。

私は個人レッスンでヴァイオリンを習っていますが、SNS(mixiなど)を通じて、大人になってから楽器を習い始めた人たち(レイトスターター)とお知り合いになる機会があり、習い始めて半年くらいの時から、合奏オフ会に参加するようになり、そのときに音楽友だちがたくさん出来ました。
弦楽合奏団(アマチュアオーケストラに管楽器、打楽器がない演奏団体)に在籍していたこともあります。
今は、かなり前に弦楽合奏団もやめて、限られた合奏オフ会と、音楽友だちで隔月に集まって練習するカルテット(弦楽四重奏)グループにしか参加してませんが、先日いつも参加している合奏オフ会で、「一度、ホールで演奏したい」と発案があり、それにも参加してきました。

普段は、区民センターの音楽スタジオで行われている、参加楽器も限定しない、何でもありな合奏オフ会ですが、今回はコンサートや発表会のような改まった感じではなく、ただホールでの響きを感じてみたいということでした。
私も普段、レッスンに通っている教室では発表会に参加していませんので、ホールで演奏することなど、滅多にありません。
小ホールで行われたのですが、小さくても新しくきれいで、響きもよい素敵なホールでした。

こういうときに、ソロでさっと演奏できるような持ち曲(レパートリー)があれば、かっこいいんでしょうけど、悲しいかな、私にはそれがなくて、普段のオフ会で練習していて、今ひとつ難しいピアノ三重奏曲(ピアノ、ヴァイオリン、チェロの編成)を、弾かせていただきました。
参加者の方が録音してくださっていたようで、後でそれを聞かせてもらって、一人で反省会をしたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*