【LOVES】大河ドラマ「八重の桜」

東寺・不二桜
東寺・不二桜
↑画像は、投稿内容とは関係ありません。(2012年11月撮影)

2013年1月6日(日)、大河ドラマ「八重の桜」がスタートしましたね。

私は、幕末期の歴史にはあまり興味がなかったのですが、初回だけは気になって、見てしまいました。

前作「平清盛」に比べて、画面がきれい(戦争シーンはあったのですが、全体的に明るく、砂塵があっても見やすかったです)だったのと、「これでもか!」と言わんばかりの分厚い層のキャストに、圧倒されました。

「平清盛」も大好きだったのですが、平清盛は平家の棟梁だったために、後半部分のキャストが若手中心になってしまったことが、少し不満でした。
主人公の松山ケンイチさん自身が若いので、弟や息子たちが若手に偏るのは仕方がないとは思うのですが、誰が何の役なのかが、わかりづらく、困りました。
若手からベテランまで、バランスのよい配役(布陣)でないと、1年間見続けるのはツラいのだなあと、思いました。

その点、今回は、主役の綾瀬はるかさんを支える若手からベテラン勢の配役に安心感もありますし、会津ならではの地域色も初回から際立っていましたし、新撰組や戊辰戦争、幕末、明治維新などの歴史的な事件と、主人公の八重の生涯とが、うまく絡み合っていくと、面白くなるのかなあと、楽しみにしています。

リクエストとしては、台詞の会津弁が、何を言ってるのかわからないので、テロップなど入れていただけると、とても嬉しいです。(笑)

音楽は、坂本龍一氏ですが、テーマ曲も素敵でしたね。
初回にドラマ中に流れていた音楽も、軽快な古典派っぽいもの(モーツァルトを連想させるような音型)があったりして、音楽的にも楽しみです。

個人的には、「日米修好通商条約」が、何となくTPPとだぶって仕方がありません・・・。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。