「星の商人」

  • 2018.09.30
「星の商人」

「星の商人」というタイトルだけでは、正直??という感じですが、サブタイトルに、「『成功の秘法』を手に入れるためのレッスン」とあります。

主人公は、商人を目指すレキという若者で、彼が旅の途中で知り合ったスタムという青年と一緒に、賢者から「大聖人になるための秘法」を教わるのですが、それを信じるレキと、疑うスタム。
二人は結局袂を分かち、別々の方法でそれぞれ大商人を目指します。

この本では、主にレキの立場から成功への道を描いていますが、闇雲に賢者の教えに頼るのではなく、自分で知恵を絞り、答えを模索していくことで、結果賢者の教えにかなっていくのです。

全体的に文章が非常に読みやすく、わかりやすい内容なのですが、普遍的なテーマを描いているので、何かあれば読み返すのに、ぴったりだと思います。

この本を読んで、私は何をするにも、独りよがりに考えるのではなく、成功を分かち合う仲間との関係づくりが大事なのだなあと思いました。
今の自分にそんな仲間がいるだろうか、とふと考え込んでしまいました。

★関連しているかもしれないリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。