LOVES

P-TOUCH CUBE

最近100均グッズを使った収納にハマっているのですが、収納容器を揃えるとスッキリしてよい反面、それぞれに何が入っているのかがわかりづらかったので、困っていました。

以前、ブラザーの「P-TOUCH」というラベルプリンターを使っていたのですが、パソコンに接続してラベルを作るというものだったので、パソコンの電源を入れることが少なくなり…という感じで、だんだん使わなくなっていたのです。

会社では、キングジムの「テプラ」を使っているのですが、狭い液晶画面では、使い勝手が悪かったりして、思った通りに出来てなくて、何回かやり直したことも。

そんな先日、雑誌で「P-TOUCH CUBE」の広告を見て、すぐにポチりましたよ。

★ポチりポイント1
スマートフォンでラベル作成。

もともと「P-TOUCH」シリーズは、ラベルプリンターなので、本体に作成機能はありません。
だからパソコンなりにつながないといけなかったのですが、スマートフォンに専用アプリをインストールすることで、大きい画面で確認しながら、作成出来るようになりました。

★ポチりポイント2
Bluetooth対応。

余計な配線が不要で、スムース&スマートです。

★ポチりポイント3
乾電池で動く。

単4電池6本というのが、少々多いような気もしますが、本格的にコードレスというのが嬉しいです。
ちなみにACアダプターは別売です。
買ったときに電池は付いてないので、別途用意する必要があります。
私はエネループを使っています。

★ポチりポイント4
デザインが好き。

余計な突起物などなくて、スッキリしたデザインが好きです。

★ポチりポイント5
作成用のアプリについているテンプレートなど、使用例が載っていて親切。
買う前に無料のアプリ「P-TOUCH design&print」(無料)を見て、イメージを膨らませることが出来るのも良いなあと思いました。

対してデメリットは、

★幅12mmまでが最太。
幅広いラベルには対応してません。
3.5mmから12mmまでです。

★最初のテープ送りした余白が長い。
連続印刷すると余白なく作れるようですが、作り始めはどうしても余白が出来てしまうようです。(↑写真参照)
ちょっともったいない?

でしょうか。

これからいろいろと遊べそうで、楽しみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*