LOVES · おいしいもの · コラム

【中ノ島散歩】「クレオパトラとエジプトの王妃展」

東京へは休暇の前半に行きましたので、帰阪した後もまだ休み。

疲れて丸2日寝込みましたが、せっかくなので、かねてから見たいと思っていたものを見に行くことにしました。

それは、国立国際美術館で開催していた「クレオパトラとエジプトの王妃展」です。
エジプトの展示というと、ミイラやファラオなどが多いですが、女性に焦点を当てた展示が珍しいなあと思っていて、興味があったのです。

エジプト女性の美にたくさん触れようと、期待を膨らませて行きました。

渡辺橋駅を歩くこと数分、国立国際美術館に到着。

お昼どきだったので、ミュージアムカフェで、ビフカツを食べました。

オーディオガイド(声 戸田恵子さん)を借りて、いざ鑑賞!

今回特にクローズアップされているクレオパトラって、実像を伝えるものが少ないらしい(!)のです。
絶世の美女とは言われていますが、顔がそれぞれ違います。(復元ではなく、後世の人間が造った芸術作品→創作物ですからね。)
他の王妃たちの展示物も見せてもらいましたが、美しさの秘密が何となくわかったような気がしましたよ。

ミュージアムショップでは、マンガ「王家の紋章」が販売されていました。
確かに読みたくなる!買わなかったけど。

国立国際美術館と最寄駅の間には、ダイビルもあって、おしゃれな雰囲気でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*