Warning: array_keys() expects parameter 1 to be array, object given in /home/users/2/lolipop.jp-80550c5c1f9c8378/web/wp-content/plugins/script-compressor/script-compressor.php on line 348

Warning: max() [function.max]: When only one parameter is given, it must be an array in /home/users/2/lolipop.jp-80550c5c1f9c8378/web/wp-content/plugins/script-compressor/script-compressor.php on line 348
【学び】開かれた道の先にあったものは? | @associee .net

【学び】開かれた道の先にあったものは?

祇王寺
祇王寺

<続き>

お友達に電話をしてもらった翌日に、その【学び】を与えてくれる「その人」に、京都まで会いに行きました。

「その人」とは、らびさん。

【学び】とは、彼女の考案した「RHRハンドリーディング(手相)」でした。

でも、一般的な「手相」とは、ちょっと違う感じがします。
だから、「ハンドリーディング(手を読む)」というのかも。

急遽、お願いしてお目にかかったのは、京都の素敵なカフェ。
合流したらびさんの息子さん2人と、らびさん、私の4人でおしゃべりしながら、ランチ。
初めてお目にかかったのに、何か和やかで楽しい時間でした。
息子さんたちもかわいかったです。

そして、ランチが終わって、息子さんたちが帰った後、らびさんが「RHRハンドリーディング」の基礎の基礎について、お話をしてくださいました。

初めて訊く内容なのに、何故か初めてでないような、不思議な感覚でした。
あっという間に時間は過ぎ、何やら私は夢でも見ているような心地でした。

そして、1日おいて夙川で、そしてその翌日京都で、他のみなさんと一緒に、「ハンドリーダー講座(他人の手を読む人を養成)」を受講しました。
別途、ハンドリーディングを教える講師の養成講座もあるそうですが、私はまずは自分で自分の手が読めるようになりたかったので、「ハンドリーダー講座」を選びました。

まだまだよくわからないことが多いんですけど、すごく面白いです。

手相の線や丘(猫などでいうところの肉球?)の意味は、これから覚えていくにしても、何となく手のひらが発信している情報を感じ取ることの大切さを、ひしひしと感じています。

そういう意味では、「握手」ってすごいですよね。
相手からの情報を直に受けることが出来ます。

「手を見せる」という行為も、手の内(無防備な状態)をさらしてくれているんですものね。

これまで、いわゆる「占い」というのは、自分には縁のないものだと思っていました。
でも、最近では、「占い」とは統計学であって、そこから分析する「人」が大事なんだな、と思うようになりました。
そして、どう伝えるのか、が大事なんだな、と思いました。
そう考えると、「プレゼン」と同じですよね。

今後、学んで行くのが、とても楽しみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*