【試してみた】ディオール ヌード BBクリーム(012番色)と組み合わせて使ってみました。

以前、ディオール ヌード BBクリーム 012番(限定色)を購入したことは、このブログでも書きました。

——————————–
★PEARLY☆なBBクリーム
http://associee.net/?p=3166

——————————–

購入したときに、BAさんから、「この色はカバー力があまりない」とは訊いていたのですが、
★パール入りでとてもきれいな色だったこと
★リキッドファンデなどと混ぜて使用出来るということ
★ハイライト使いが出来ること
で、納得して買ったのです。

今使っているリキッドファンデーション(ランコム「マットミラク24H」)がまだたっぷりあるので、それと組み合わせて使うことにしました。

「じゃあ、実際に組み合わせて使うと、どうなんだろう?」と思って、やってみました。

ディオールヌードBB &ランコムCCベース & マットミラク

ディオールヌードBB &ランコムCCベース & マットミラク

<試してみた・その1>
★化粧下地 ランコム タンミラクCCベース
★BBクリーム ディオール ヌードBB
★ファンデーション マットミラク24H

化粧下地はそのまま普通に塗って、BBクリームとファンデーションは、ファンデーションブラシに、ほぼ同量(ファンデーションがほんの少し多め)出して、肌の上で塗りながらブレンドしました。

リキッドファンデーションだけで塗るよりも、BBクリームを混ぜて塗った方がより伸びがよくなって、塗りやすくなりました。
そして、クレンジング後の肌も、リキッドファンデーションだけのときよりも、BBクリームの美容成分のせいか、肌がなめらかな感触でした。
「マットミラク24H」に、ほんの少しパール感がプラスされて、仕上がりにも満足しました。

ディオールヌードBB &クリニークCCクリーム

ディオールヌードBB
&クリニークCCクリーム

<試してみた・その2>
★CCクリーム クリニーク モイスチャーサージCCクリーム
★BBクリーム ディオール ヌードBB

CCクリームにも、あまりカバー力がありませんので、カバー力があまりないもの同士の組み合わせです。
これも、ファンデーションブラシにそれぞれ同量出して、肌の上で塗りながらブレンドしました。

<試してみた・その1>に比べると、メイクした感はあまりありませんが、それでもCCクリーム単体で使うよりもツヤが出て、顔色が明るくなったので、軽くメイクしている感じにはなりました。
CCクリーム単体で仕上げるよりも、キレイに仕上がったような気がします。

どちらの使い方も気に入っていますが、<試してみた・その1>で使うことが多いですね。

こんな風に混ぜて使う他にも、目周りのCゾーンにも使えますし、「まさか、こんなに使えるとは(012番)・・・!」とびっくりしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください