YSL の名品ハイライター「ラディアント・タッチ」

YSL の名品ハイライター「ラディアント・タッチ」
YSL ラディアント・タッチ
YSL ラディアント・タッチ

先日、個人経営のリサイクル衣料ショップで、「Y2L Yve Two Laurent」とデカデカ描かれた、ロゴTシャツを見かけました。
「2」の部分は、何故「3」じゃなかったんでしょうか。
一応「Y3L」と組み合わせてみたものの、やっぱりイマイチだったんでしょうか。
そういうことなら、ニセモノとはいえ、一応デザインする意図があったんでしょうが、それにしても、「-1」してしまうとは!!
「そのセンスがステキ☆」と思ってしまいました。
でも、ニセモノでも、リサイクル衣料ショップで買い取ってくれるのですね。それにもびっくりしました。

話はかなり本題からそれましたが、長らくハイライターを探していた私。
ソニアリキエル・ボーテのものと、YSLの「ラディアント・タッチ」と、迷っていたのですが、一度あの有名な「ラディアント・タッチ」を使ってみたくて、購入しました。

買う前に、いろいろとリサーチしたせいか、いろいろな使い方が出来るそうで、反対に自分はどう使ったらよいものやら迷ってしまったので、素直にBAさんに相談しました。

<買う前に自分でリサーチした内容>
・下地の後に、ファンデーションをつける前につける
・ファンデーションをつけた後につける
・気になるところを隠したら、ファンデーションなしでそのままOK


何でもありって感じですよね。

私の場合、色は2番(標準色)を使っての、目の下のクマ・くすみ隠しを教えてもらいました。
また、目頭の下からこめかみまで、目に沿って描く「美人の線」についても、教えてもらいました。
筆先を横に寝かせて描く、たったひと筆で、目元をリフトアップし、“美人”印象になるのだそうです。

また、アイシャドウ前に、まぶたに塗れば、アイシャドウの発色やもちをアップするそう。

1回の量は、ノックボタンをカチッと一押し分、約3ヶ月間で使い切るのが目安だそうです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。