Warning: array_keys() expects parameter 1 to be array, object given in /home/users/2/lolipop.jp-80550c5c1f9c8378/web/wp-content/plugins/script-compressor/script-compressor.php on line 348

Warning: max() [function.max]: When only one parameter is given, it must be an array in /home/users/2/lolipop.jp-80550c5c1f9c8378/web/wp-content/plugins/script-compressor/script-compressor.php on line 348
映画「ロボジー」 – @associee .net

映画「ロボジー」

映画「ロボジー」のワンシーン。
映画「ロボジー」のワンシーン。

「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督がロボットを題材に描くオリジナルのコメディドラマ。弱小家電メーカー・木村電器で働く小林、太田、長井の3人は、企業広告を目的に二足歩行のロボット「ニュー潮風」を開発していたが、発表直前に不慮の事故でロボットが大破。その場しのぎで、一人暮らしの頑固老人・鈴木にロボットの中に入ってもらうことにする。しかし、鈴木の勝手な活躍によりニュー潮風は大評判になり、たちまち世界中から注目を浴びてしまう。ミッキー・カーチスが「五十嵐信次」名義で主演し、ロボットおたくの女子大生役で吉高由里子が共演。ロボット開発を担当する3人組に濱田岳、川合正悟(チャンカワイ)、川島潤哉。

ロボットの中に、おじいちゃんが入っていた!

という映画「ロボジー」ですが、発想がかっ飛んだものですが、その分、どんな風にストーリーが展開していくんだろうか?という思いで観ていました。

大評判になった「ニュー潮風」ですが、ロボットなのに、中身は「鈴木さん」なので、本来の開発チームの3人には、制御不能。
ロボットおたくの女子大生から、「『ニュー潮風』の開発裏話を、大学の講演会で話してほしい」と依頼され、開発チームの自分たちよりもロボットに詳しい大学生たちに、教えるフリをしながら、実際にはノウハウを聞き出し、出席学生の参考書などを後で書店で買い漁ったり、ロボットおたくの女子大生(吉高由里子)に、「ニュー潮風」がニセモノだと見破られるのを恐れて、本当は認めているのに、「キミはロボットには向いてないよ」と言ってしまうなど、開発チームは、「鈴木さん」に振り回されながらも、なかなかクセのある3人です。

「鈴木さん」も、本来は怒りっぽくて、娘夫婦や孫たちに、良いところを見せたいにも関わらず、なかなかうまくはいきません。
でも、「鈴木さん」だったらダメでも、「ニュー潮風」だったら、スターになれます。
どこに行っても、人気者で、みんながもてはやしてくれるので、ついつい調子に乗って、開発チームの「制御外」の行動を取ってしまうのです。

「年を取っても、まだまだがんばれる」と自分では思っていても、思うようにはいかないいらだちが、「鈴木さん」をどんどん怒りっぽくしてしまうのでしょうね。

ロボットおたくの女子大生役の、吉高由里子さんが、まるでアテ書きかと思うくらい、はまり役で、面白かったです。

でも、「ニュー潮風」にも、危機が訪れます。
その危機を飄々として乗り切ってしまう「鈴木さん」、ダテに年は取っていないなと思いました。

ロボジー スタンダード・エディション [DVD]
ロボジー スタンダード・エディション [DVD]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*