DVD · コラム

映画「ハッピーフライト」

映画「ハッピーフライト」
映画「ハッピーフライト」

副操縦士の鈴木(田辺誠一)は、機長昇格の最終訓練である乗客を乗せて飛ぶ実地試験でホノルルに向けて飛び立つことになる。
彼は試験教官として同乗する威圧感たっぷりの機長の原田(時任三郎)を前に緊張感を募らせていた。
そんな中、キャビンアテンダントの斎藤(綾瀬はるか)は夢にまで見た国際線フライトに臨み、緊張感がピークに達していた。

最近はあまり飛行機に乗ることはありませんが、こういう映画を観ると、何だか飛行機に乗りたくなりますね。

しかし、1機の飛行機を無事離陸させ、目的地に着陸させるためには、本当に多くの人々の力が必要なんですねー。

★機内スタッフ
・パイロット
・CA(キャビンアテンダント)

★グランドスタッフ

★オペレーションコントロールセンター

★整備

★管制塔

ざっと書いてみても、これだけあります。
それぞれのスタッフが、間違いなく各自の仕事を仕上げることで、無事に飛行機を運航することが出来るんですよね。

映画「ハッピーフライト」のワンシーン。
映画「ハッピーフライト」のワンシーン。

「どんな仕事でも同じなんだなあ、どうでもいい仕事なんて、ないんだよなあ」と、観ていて実感しました。
大変な仕事だけど、やりがいがあると自分で思えると、働く気持ちも違いますよね。
こういう映画は、「一見何でもないように動いている(働いている)人でも、やっぱり感情が通っているんだよなあ」と、思い至ることが出来ます。

「何事もなく無事に物事が進んで当たり前」なんですが、偶発的に起こるトラブルなどをどう処理するかで、その人間性が垣間見えるところが、サービス業の魅力でもあります。

例えば、グランドスタッフ役の田畑智子さんが、カルーセルで自分のではないスーツケースを持ってリムジンバスに乗ろうとしたお客さまを、走って追いかけ、転んでも起き上がって、リムジンバスを止めてスーツケースを取り返したシーンなど、多分やり遂げることが出来たら、「やった!」と自分でガッツポーズをしてしまうと思います。

あと機内で、理不尽なクレームをつける乗客に対して、ただ謝ってやり過ごそうとするCA役の吹石一恵さんに代わって、チーフパーサー役の寺島しのぶさんが、自社の非を認めつつも、その乗客のために、他の乗客の安全を犠牲にすることはできないことを伝えて、クレームを無事におさめるシーンもよかったですね。

また、緊急着陸時になって、チーフパーサー役の寺島しのぶが、「ここからは、保安要員として活動してください。指示に従わないお客さまには、毅然とした対応をすること!」とCAスタッフ全員にきっぱりと言い切るシーンは、かっこよかったです。

ユーモアと、緊張感とが絶妙な案配で、とても面白かったです。

ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]
ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*