苦手な赤リップに挑戦したいと思い、選んだのは・・・。

苦手な赤リップに挑戦したいと思い、選んだのは・・・。
Dior Addict Gloss 「643 ディアブロディーヌ」
Dior Addict Gloss 「643 ディアブロディーヌ」

先日購入したDiorの新しいAddict Glossが、あまりにも気に入ったので、2本目が欲しくなり、買いに行きました。

——————————————–
↓ 1本目を購入したときの話はこちらをご覧ください。

▼【LOVES】Diorメイクイベントに参加してきました♪
http://associee.net/?p=2193

——————————————–

前回購入したグロス「363 ドルムーズ」は、実はこれ1本でも割としっかり発色するんですよね。

それに、Addict Glossには、

★スパークリング・・・ミラーシャインを象徴するエフェクトで、スタイリッシュで眩いきらめきを添える12色。
★パーリー・・・透明なパール粒子のエフェクトで、繊細な色と甘美なボリュームを演出する6色。
★ピュア・・・ミルキーなヌードカラーから、クリアなジューシーカラーまで。ピュアなエフェクトで、見たままの色を実現する6色。
(Dior Addict GLOSS カタログより)

という、質感によって3つのグルーピングがされていて、以前私が買った「363 ドルムーズ」は、★ピュア★に属するもの。
うるっとしたビニールっぽいなめらかな発色が、かなり新鮮です。
なので、小さめのバッグで出かけたいときなどは、これ1本でもいいかなあと、思うようになりました。

しかし、これまで私がDiorで購入していたのは、ピンクばかり。
違う色調のグロスももう1本ほしいなあと思いました。

そこで、今回は、カタログの表紙のモデルさん使用色でもある、「643 ディアブロディーヌ」を選びました。
この色は、★スパークリング★に属していて、色調でいうと、チェリーレッドになります。
細かいゴールドラメが入っていて、ケースから見ていても、既にキラキラ☆

「これまで赤リップは似合わない」と思っていたのですが、この色だと少しオレンジがかっていますし、塗る量によっても赤みを調節出来ます。
それに、何よりも唇がキラキラしているのを、鏡で見ると、とっても気分が上がります♪

店頭でもつけてもらい、ランチ後、自分でもつけてみましたが、一気によそ行きで、しかもかっこよく、アクティブな感じになりました。(唇だけですが)

実はランチ後、解散してからは、自分でもびっくりするくらい疲れていたのですが、まだまだ用事が残っていたので、このチェリーレッドの唇で、「もうちょっとがんばろう」と思いました。
カラーセラピーじゃないですが、色の効果ってすごいですね。
そして、メイクの力も。

最近の私は、「鬱で挙動不審な変な人」と思われるのが嫌で、これまで以上にファッションやメイクに気を配っていました。

今日は、そう思って努力していたことが、間違ってなかったような気がして、とても嬉しかったです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。