マイアイロンが欲しい。

マイアイロンが欲しい。

2013年春夏のファッションのトレンドは、パンツスタイルだとか。

ちょうど今、梅田の百貨店の婦人服売場では、どのブランドでも「パンツスタイルフェア」をやっていて。

私はこれまでスカートやワンピースといったファッションが多かったのですが、今年の春はこんなにも至るところで「パンツ推し」だったら、私もパンツスタイルに挑戦してみようかと思って、黒の柄パンツを買って来ました。

ディスプレイを見ていると、パンツに、今年はきれいめカラーのシャツを合わせて、靴はパンプス、というコーディネイトが多いようです。

シャツは、かなり以前に、オーダースーツにはまっていたことがあり、そのときに同じくオーダーでシャツも何枚か作ったのがあるので、今年はそれを合わせてみたいと思います。

シャツというと、アイロンがけが・・・。

実は、私の母はアイロンが嫌いなようで、でも娘の私はシャツ好き。
仕事をしているときは、アイロンは母任せだったのですが、「仕事をしていない今、アイロンがけくらいは、自分でやろうかな」と思いました。

カタチから入りたいタイプの私は、以前購入した、「洗濯王子」こと、中村祐一さんのこの本を見て以来、マイアイロンが欲しくてしょうがないんです。

洗濯王子に教わるおうちで快適クリーニング!―節約できる!衣類も長もち!ミラクル洗濯術 (別冊すてきな奥さん)
洗濯王子に教わるおうちで快適クリーニング!―節約できる!衣類も長もち!ミラクル洗濯術 (別冊すてきな奥さん)

ここで紹介されていたのは、「ティファールのプログラム8 パワージーンズ400」というアイロンだったのですが、2009年当時、すごく高価(約2万円!)だったので、家電量販店まで行って、買うのを諦めた記憶があります。

もしかしたら、今はもっと進化したアイロンがあるのかもしれませんが、しばらくは、おうちアイロンで我慢しようと思います。

おうちアイロン
おうちアイロン

先日、シャツ3枚とハンカチ3枚をアイロンがけしたのですが、自分で実際にやってみると、いろいろ気づくことが多いですね。

先ほど「オーダーでシャツを作った」と書きましたが、作ったときには、「この生地だったら、アイロンがけもラクだろう」と何となく思っていたものが、案外そうでなかったり。
あと、ハンカチについては、端の縫い目のシワがとても気になったり。

ハンカチのアイロンがけのときに気になる、端の縫い目のシワ
ハンカチのアイロンがけのときに気になる、端の縫い目のシワ

性格なのかもしれませんが、私はとても気になるので、まず縫い目の上からしっかりアイロンがけ。
母がやるときは、面しかアイロンをかけないんですよね。(面倒なのかな?)
そして何故か、裏を外側にして畳んであったり。(←これが、不思議で理解できない。)

母に、「自分でアイロンをかける」と言ったときには、「やって、やって」と喜んでいたので、やっぱりアイロンがけが嫌いなんでしょうね。

たかが、アイロンがけとはいえ、母と娘の性格の違いを感じさせる出来事でありました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。