【お散歩】予想以上に女子率の高かった宇治・その1

先日、宇治に行って来ました。

宇治は、以前20年以上も前に、友だちとレンタサイクルでまわった記憶があるのですが、それだけで、細かい記憶はまったくないんですよね。
忘れっぽくなったものです。
でも、今とその当時は全然変わってしまっているかもしれませんね。
変わらないのは、宇治川の流れだけなのかも・・・。

宇治川 夢浮橋広場 紫式部像

宇治川 夢浮橋広場 紫式部像

しかし、この紫式部像、裾の辺りがとてもきれいに作られていて、妙に感心。

 

左へ行けば平等院。右の鳥居をくぐれば、縣神社への参道。

左へ行けば平等院。右の鳥居をくぐれば、縣神社への参道。

立派な鳥居は、縣神社への参道です。
平等院へ行くには、鳥居の左の道へ。私はまず平等院に行きたかったので、左へ行きました。

 

平等院の入口

平等院の入口

平等院の入口。紅葉がまだ美しかったです。

平等院の入口。紅葉がまだ美しかったです。

 

 

2012年12月12日現在、平等院鳳凰堂は、改修工事中でまったく見ることが出来ません。

平等院鳳凰堂工事中です。

平等院鳳凰堂工事中です。

シートの隙間から見えるチラリズムが何とも言えませんね。

鳳凰堂がこんな風に見ることが出来ない代わりに、平等院内のミュージアム「鳳翔館」で、収蔵品を展示しています。

そして、普段は見ることが出来ない、国宝「日想観 扉絵」を復元し公開していて、私はそれを観に行ったのです。

絵そのものの美しさだけでなく、そこに流れる「日想観」という考え方にも感動しました。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください