CATEGORY

「星の商人」

「星の商人」というタイトルだけでは、正直??という感じですが、サブタイトルに、「『成功の秘法』を手に入れるためのレッスン」とあります。 主人公は、商人を目指すレキという若者で、彼が旅の途中で知り合ったスタムという青年と一緒に、賢者から「大聖人になるための秘法」を教わるのですが、それを信じるレキと、疑うスタム。 二人は結局袂を分かち、別々の方法でそれぞれ大商人を目指します。 この本では、主にレキの立 […]

「宝石の歴史」

最近、ジュエリーに縁があって。 古いリングのサイズ直しを依頼したり、新しいものを購入したり。 作家さんとお話したりして、制作のときのエピソードを聞いたりするのもとても楽しいです。 お話をうかがうと、さらに愛着も増して、より一層大事に使おうと思いますし、身につける時にもテンションが高まりますよね。 そんな折に、書店でこんな本を見つけました。 創元社「宝石の歴史」 有名な宝石の話だけでなく、採掘の歴史 […]

「道端3姉妹スタイル」を読んでみた。

モデルの道端3姉妹の本が出版されたとのことで、買ってみました。 美しさをどのようにキープしているのか、とても興味があったのです。 「若いから、何にもしていないのでは?」と思っていたのですが、読んでみてびっくり。 マラソンだけでなく、トライアスロンやキックボクシングなど、結構ヘビーな運動をしているのです。 でも、足などを見ても、筋肉(特にふくらはぎ)はムキムキではありません。 とても意外でした。 道 […]

雑誌「Marisol」2014年4月号を買ってみました。

まだまだ寒いですが、心は春です。 雑誌「Marisol」の新しい号が出たので、買ってみました。 アラフォーにはどっちも必要!「女っぷりベーシック」と「ベージュの力」 ベーシック→無難、というイメージですが、これを今年はこう着る!という、自分なりの方向性を決めることで、毎年アップデートされるんですよね。 1年前の自分と、今年の自分は、考え方も感性も確実に違うはず。 昨年の今頃と同じコーディネイトでも […]

美人は理論でつくられる。

私がメイクに興味を持つようになったのは、「他人からちゃんとした人と見られたい」「変な人と見られたくない」と思ったからでした。 うつになって、メイクも何もかも面倒になる、というのは聞いていたのですが、それを知って、反対に火がついたのでした。 そのうちに、メイクがだんだん楽しくなってきたわけですが、ちゃんと習ったわけでなく、わからないことが多いです。 そんな先日、書店で「事典フェア」というのをやってい […]

堀江貴文著「ゼロ」を読んでみた。

お友達が勧めていたので、読んでみました。 堀江貴文、ホリエモンという人、これを読むまでは、私にとってはちょっとしたトラウマになっていました。 彼が経営していた会社「ライブドア」のおかげで、取引先の会社があおりを受けて倒産したり、彼とつながりのあった人物のせいで、私が勤めていた会社は、競合会社との合併を強いられ、多くの諸先輩たちが退職していきました。 堀江貴文という人は、冷静に考えてみれば、一種の被 […]

雑誌「GOLD」2014年1月号を買ってみた。

バブル世代を懐古するような雑誌「GOLD」を買ってみました。 実は、創刊号にも買ったんですけど、バブル世代の女性のハートをキュンキュンさせるような内容が、満載でした。 先日買った「Marisol」はもうちょっと地に足がついた感じなんですが、この「GOLD」は創刊号のキャッチコピー「どこにもないものが見たい」という言葉通り、どこかにありがちなものよりも、ラグジュアリーでユニークで、購買意欲がギラギラ […]

雑誌「Marisol」2014年1月号を買ってみた。

雑誌「Marisol」って扱っているお店が少ないので、大型書店さんに行ったら、結構買います。 表紙のモデル、ブレンダさんが好きなのと、掲載されているコーディネイトがベーシックだけど、オシャレなのが気に入っています。 私の場合、表紙があまり好きでないと、雑誌の中身もあまり気に入らないことが多いので、表紙を見ての感触を大事にしています。 今回は、 ★新連載「職業別 働く女のバッグの中身」 ★働くアラフ […]

青山華子さんにお目にかかって来ました。

著書の青山華子さんが、来阪されることを知り、お茶会でお目にかかって来ました。 Facebookなどで青山さんの投稿に、とても共感することが多くて、新著「自分を100%好きになるシンプルな習慣」を読んで、さらに癒され、気持ちが軽くなったので、ぜひお目にかかりたいと思っていたので、本当に嬉しかったです。 自分を100%好きになるシンプルな習慣 小さなことからあなたが変わる! 青山さんを囲むこと10名超 […]

冒険してみる?「射手座の君へ」

鏡リュウジさんから、それぞれの星座の人に贈られる、言葉のギフト。 石井ゆかりさんや、鏡リュウジさんは、本当に「伝え方」がうまいなあ、と思います。 うーん、単に「うまい」というと、「巧み」という感じになるかもしれませんが、そういうのではなくて、彼らの紡ぎ出される言葉からは、知性だけでなく、豊かな感性にあふれているのです。 読書量がすごいのか、経験が豊富なのか、物事に対する分析力が鋭いのか、もしかした […]